歌舞伎って萌える

今日で終わってしまったんですが、大阪松竹座でやってた初春大歌舞伎の夜の部を見に行ったんですが、
これの「義経千本桜」で猿之助が演じる「忠信実は源九郎狐」がめっちゃかわいい。

法眼館の場は、実は忠信じゃないんじゃないかって追い詰められて、狐である本性がバレるっていうところなんだけど、追い詰められていくうちにちょっとずつ狐っぽい喋りになっていく過程もかわいいし
本性がバレてから、髪型が変わってよこに髪の毛がぴょんって出るんですけどそれが完全にけも耳に見える。
帯結びも、しろいふさふさをのばした感じになって完全に尻尾に見える。
そのかっこうでぴょんぴょん跳ねるんですよ。めちゃかわいい。

猿之助は芸達者だけどかわいくないからこの役はどうかなと思ってたけど、最高に可愛いけも耳しっぽでした。おいしい。義経から親の形見である初音の鼓を賜ってよろこびまくるけも耳猿之助かわゆす

年末の南座顔見世の「仮名手本忠臣蔵」では愛之助の演技がくどいせいで
最後のシーンで、どうみても勘平と弥五郎がデキてると思いました。私のせいじゃありません。愛之助のせいです。

あと基本お姫様はみんな男の娘だし(中の人的に)
歌舞伎は萌え文化の元祖だと思います。

「すっぴん!」プレオープンします!

はじめまして。
歌声合成やそこから派生した周辺の文化に魅せられた人たちの技術的・精神的サポートを目指すサイト、「すっぴん!」をプレオープンします。
日記やブログをメインの機能としたSNSサイトです。
情報交換だけでなくさまざまに利用できればいいな、と思います。

ベースとしているシステムはDrupalという海外の汎用ツールで、公開されているモジュールを組み合わせて作成しています。
他のSNSサイトが一般的に採用しているメジャーシステム「OpenPNE」ではないので、それらと比べ使用感はかなり違います。
また、現状、機能が十分とはとても言いがたいですが、幸い自由度がかなり高いシステムですので、参加者の皆さんのご意見を参考に、作り込みを進めていきたいと思います。

紹介制ではありますが、参加者が「すっぴん」のようなリラックスしたコミュニケーションがとれるように、またいろんなクラスタの人にとって居心地が良いサイトになれるように、努力していきますので、よろしくお願いします。

ページ

フロントページのフィード を購読